アフィリエイト AtelierFéeFée ~ My Style ~ もの思う・・・女心と秋の空
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

もの思う・・・女心と秋の空

2011.11.26 (Sat)

SHOP最終日は寒い一日でしたね。
この冬初めて足ウラにカイロを張ったけど、手遅れで・・・。
ついに しもやけができてしまいました。
いまだに毎年手足のしもやけに悩まされている親子です

↓初めて秋に咲いたピエール!
20111119shop (24)

今回初めての試みで二週間以上のロングランSHOPでしたが
何かとイベントの多いこの季節、それぞれお忙しい中
お時間を作ってお越しいただきありがとうございました。

皆さん、秋冬のお花の準備をとても楽しんでらっしゃったようで
そんな姿が私にとって刺激となり学びとなり喜びとなり活力となり。
我ながらいい仕事なだぁと感慨深く思っております

20111119shop (16)

年に二回のお花の植え替え時期に開催されるこのSHOP、
季節が変わりゆくのを感じながら、庭の整理を兼ね、
新しい季節を迎えながら、カラダの変化を感じつつ
なんとなーくキモチの整理までできたりして・・・。

目の前の家事、仕事や行事に追われて常に先を見据えなくてはいけない日々だったり、
逆に、懐かしいことや忘れられない思い出からいつまでも現実に戻れない日々だったり。

月日がたつのが早すぎて、ココロとカラダが追いつかず
季節の変化についていけなくなったり、時折空回りしたり・・・。
改めて、「今」「ココ」に目を向けて立ち止まるという作業は
次のシフトチェンジに向けてとても重要なことなのだと思う。

20111119shop (22)

SHOPが終わった翌日、15年間岐阜~名古屋に住んでいた両親が神戸に引っ越しました。
最後に少しお手伝い&お別れに・・・。
SHOP中にしょっちゅうばんごはんを作りにきてくれていた料理上手な母ですが
アロマの香りより、キッチンから漂うとびきりのイイ匂いに
癒されたお客さまも多かったことでしょう。

そんなことも懐かしく思える日がくるのは、きっとしばらくしてからで、
もしかしたら半年後のSHOPを迎える頃なのかも。


引っ越しの日の午後、久しぶりにシャバに出た私は(期間中ずっと自宅なので)
空がとても高く青く、空気がとても澄んで冷たく
木々がすっかり赤く黄色く姿を変えていることに
ひどく心を打たれ、ようやく秋が終わり、冬がやってきたのだと
覚悟に近いものさえ感じてしまったのだ。

20111119shop (26)

情報とエネルギーと刺激とインスピレーションをGETしに
定期的に本屋に行っては片っ端から本を読み漁るのがシュミ。
久しぶりに訪れた本屋ではなぜだか写真集を次々と手に取って・・・。
世界の家、世界の庭、世界のポスト、
美しい空の写真集から、エロティックな画集、
美しいけどエゲツナイ昆虫の脱皮の写真集・・・と、ジャンルは問わず。
そして市橋織江氏の『PARIS』のページをめくるうちになぜか涙がこぼれて。

うす曇りのエッフェル塔も水玉のマットも
フランスマダムもイケテルパリジャンも
ガラス越しのスィーツも散りかけたバラも
その甘く切なくレトロで曖昧な画像は
すべてがやさしくてノスタルジックで
気が付いたらつつーっと頬を伝ってこぼれていた。

涙腺が弱い私はひとたび涙を流し始めると、止まらないので
「本屋でなくのもヘンやろ」と言い聞かせ、
でも「ありがとう」と作者にお礼を込め、
本に涙が落ちないようぱたんと閉じて元の場所へ。
                                                                                                     
 20111119shop (17)

あぁ、「女心と秋の空」とはよくいったもので。
鼻水も伴わず美しく涙してセンチになったかと思うと
さぁ!どーだっ!とコウジと大豆をひねりつぶしながらお味噌を樽に投げ込んで・・・。
昼間っからワイン引っ張り出してきて飲みながらやろーとやる気満々なのに
「夕方買い物があるからあかんあかん!」と古株スタッフに促され、
「ちぇっ」とぼやくガラの悪いおばちゃんになったり

20111119shop (18)

「カンダさん、カンダさん」と慕って下さったり、
ブログの画像に魅せられステキなお庭を妄想し、遠方からお越し下さったり。
そんな方々の期待を裏切らないようせめてエレガンスくらいは身につけて・・・。

・・・そんなことはカケラも思っていませんが
次回お会いできるときは、バージョンアップなAtelierFéeFéeを
お楽しみいただけるよう、カンダらしさを積み重ねていく所存でおりまする。




スポンサーサイト

テーマ : 癒しと潤いのある生活 - ジャンル : ライフ

23:57  |  My Style  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atelierfeefee.blog115.fc2.com/tb.php/564-e15b77af

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。